自分なりのストーリー展開

料理ベタの料理本 > 注目 > 自分なりのストーリー展開

自分なりのストーリー展開

2014年8月28日(木曜日) テーマ:注目

やっと開始する時という場面ではまずは下準備を横着してはいけません。

 

トレードを行う前ならば、相場を客観的に観察する事ができる余裕があります。

だが、相場の中へ立ち入ってしまうとどう工夫しても見え方が独りよがりになり、重要な時に適切な判断を下せなくなる可能性があります。

 

だからこそ自分自身の頭の中が落ち着いている時に、ちゃんとした事前準備が重要です。

"事前準備"とは、はじめは自分のストーリー展開を記す事から始めます。

 

明日からのこの通貨はああだから、この通貨を買う(あるいは売る)というようにあなたなりの物語を描いていきます。

 

その次はチャートをチェックする事です。

 

これまでの為替相場の上下動をチェックして、チャートを見ます。

 

すると、「今は結構高すぎる状況だ」とか、あるいは「今となっては多くの投資家の方々がエントリーしているから、この先急に取引しても今となってはなすすべがない」などと分かってきます。

 

もちろん今さらしかけるのが遅いと思ったら、手を出さないで、それは割り切ることが大切です。

 

どうやっても自分の脚本を譲らずに新しく注文すると、相場に押し返されてしまい逆に損することになりかねない。

 

とは言ってもかなりのケースで緻密な自分なりの台本を思い描いておくと、買い(または売り)がやりようがないという具合にはなることはありません。

 

たぶん、本格的に市場が変動する前のはずです。

 

その次は、差し当たり自らが売り買いしようと考えている売買ポジションの変化をきちっと調べる事が必要です。

 

もし、円安に向うと予想する台本を描いたのであれば、その外貨の上げ下げに用心しておきます。

 

為替相場の推移を注視し始めた状況では、その外貨ははっきりと変動する兆しを見せることなく上下に多少の変化を繰り返しているだけだろう。

 

だけど、その上下動をしっかりと調べているとあるポイントで少しずつ、ドル高へと外国為替市場が向い始めます。

 

そこでいよいよ、ドル買いの注文をします。

 

おおむね、ここまで周到に準偏さえしておけばそのトレードで勝つ可能性はぐっと大きくなるはずです。

 



関連記事

 本格的な味噌汁はやっぱり美味しい

本格的な味噌汁はやっぱり美味しい

2015年1月20日(火曜日)

愚痴聞きはただ聞くだけ、有効回答はなしです!

愚痴聞きはただ聞くだけ、有効回答はなしです!

2014年8月30日(土曜日)

自分なりのストーリー展開

自分なりのストーリー展開

2014年8月28日(木曜日)